当社からのお約束 調査料金の特徴を解説します。 男性と女性の浮気比率について。

 
 おすすめサイト探偵社/興信所の選び方


■男性と女性の浮気比率

探偵事務所に寄せられる浮気調査の依頼や、男女の浮気の比率はどのようになっているでしょうか。ここで紹介していきます。

・男性と女性の年代別の浮気比率

興信所に寄せられる浮気調査の相談者の性別は、男性が3割〜4割程度に対し、女性は7割程度と比率が高くなっています。

また、浮気相談に寄せられる年代としても、対象者の年代が20代が2割、30代〜40代が6割、50代〜60代が2割。
数字だけを見れば30代、40代の男性女性は浮気をする率が一番高いと言えます。

 

・日本における浮気の数
世界各国に比べ、日本人の浮気の傾向は非常に高くなっています。
女性よりも男性の方が浮気をする傾向が高いようです。ある芸能人が「浮気は日本の文化」と言ったそうですが、全ての男性が浮気をする訳ではありません。

また、男性は浮気を隠すのが下手です。探偵社に寄せられる相談でも、思わず相談に乗っていた探偵も笑ってしまうほど、わかりやすい方もいます。
依頼のなかで、浮気を疑った原因は、依頼者の勘だけということもあります。女性の勘はとても当たりやすく、探偵が調査を進めていくと、そういった時は大抵浮気をしていることは多くあります。

・探偵社に浮気調査を依頼する方

探偵社に浮気調査を依頼や相談する人のほとんどが女性です。
浮気調査を依頼する理由も、離婚したいという理由が大半を占め、離婚したいと言って依頼した方のほとんどは慰謝料請求までを考えている方が多いようです。
少数としては、離婚したくないから、浮気の事実を知りたいからという理由から興信所に依頼を頼む方もいるようです。

興信所に相談すると、気が少し楽になったので離婚はもう少し考えたいという方々もいます。探偵も調査をするだけが目的ではありません。興信所は1日に何十件と浮気の相談に乗り、時には探偵の相談のみで解決することもあります。

・浮気相手との関係

浮気相手との関係で多いのが、仕事に知り合った仲というのが多いようです。
興信所に寄せられる浮気相談では、勤務先の同僚や先輩、後輩、上司、取引先の異性など、仕事で関わった異性と浮気に発展したケースが全体の5割となっています。その他では、出会い系や、スナックなどの水商売、サークルや共通の趣味などで知り合ったなどがあります。

 

・浮気の理由
探偵に寄せられる相談で、浮気をする理由や原因として、一番多いのが夫婦間のマンネリです。四六時中一緒にいることにより、相手を異性として意識できない、新鮮味がない、充実感を得られない、夜の夫婦生活にあまり満足できない等があげられます。
なかには、もともと好きではなかった、価値観が違っていたなどもあり、どうして結婚に至ったのか探偵も首を傾げてしまうようなご夫婦もいらっしゃいます。

浮気に至る原因は、必ずしも当事者だけの問題ではなく、そのことに気付いていないことがあります。興信所では基本的に相談者、依頼者の味方ですが、依頼者側にも多少問題が見受けられる場合(特にDVなどの暴力があった場合など)も多かれ少なかれあります。浮気調査でも、探偵が調査を行ったが全く浮気している様子がなく、依頼者に再度浮気を疑った原因を聞くと、浮気を思い込んでいたという方もいます。

 

 

興信所Sitemap